きのこのしっぽ

鹿児島のワンちゃん美容室「Schwanz」で働くおかしな夫婦のゆるゆるな日々。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 鳥って。。。 | main | どちらにしても。 >>
lt rt

暫し。

JUGEMテーマ:わんこ

こういうお店をしていると、定期的に相談を受ける事。『迷子のワンコorにゃんこを見つけたのですが・・・。』

 

きちんと保護をしたうえで、その子に関しての情報がないかどうかを問い合わせるケースならばいいのですが、中には「引き取ってください」とか「飼い主探してください」という事もあり、他のお店の話では『保護したんだけど、汚れているから無料で洗ってくれ』という、本当に意味不明な相談すらあったそうです。う〜ん・・・・ペット系のショップをしている人たちは、確かに基本的に動物好きでしょう。そして、出来る範囲で協力もしたいと思うでしょう。でもね、迷子の子を保護した場合も、探している飼い主さんも、先ずは保健所さん&警察さんに連絡でございます。このブログの読者の方は既にご存知でしょうが、これは是非もっと周知を図ってほしいと思います。この知識があり、その連絡をきちんとすることで、元居た場所に戻れる子達が結構増えるはず。『でも保健所に連絡するとすぐに殺処分されるんでしょ』と心配される方もいらっしゃるでしょう。確かにそう言うケースは残念ながらあります。ただ、現在鹿児島県では譲渡犬としての適性をもっている子の場合(人に対して攻撃性が強すぎる子などは、残念ながら除かれてしまうでしょう。)は、動物愛護センターにて新しい生活を迎える機会が与えられます。そして、そもそも保健所さんに連絡と言っても、「こういう子を保護したけれど、探している方から連絡はありませんか?」という風に問い合わせをしたうえで、状況が許されるのならば、そのまましばらく保護してあげるという選択も出来ます。先ずは連絡、そしてその上で飼い主さん探しをするのが近道なのでございます。ホントにこれくらいの事・・・・・学校でピピっと教えてあげればすぐなのに・・・・。(ぼやきです。)

 

さてさて、いよいよというか、ついに12月に突入してしまいました。

せっかくツリーを飾っているので、せっかくだからその前でパシャリしようね♪と挑戦し↓

 

 

何とかこういう風にフレームに収めようと悪戦苦闘しているしっぽ兄(笑)。これって、単純に椅子や台を置いて、その上にワンコを乗っけて撮ればすぐなんです。ただ・・・・、ご覧の通りわんこと一対一で写真を撮る事が多いしっぽ達の場合、撮影中に飼い主さんがお迎えに来て、気付いたワンコがそこから飛び降りて骨折(涙)なんてことになったら大変💦という事で実施しておりません。(しっぽ兄、こう見えて反射神経には結構自信あるんですが、予測不能な事態ってありますからね) 

ワンコに「マテ」をして、ピントを合わせてハイパシャリ♪ 時間にしたらもうほんの数秒ですので・・・・、心優しきワンコ達よ、暫しだけ協力しておくれ(願)

 

美容が終わってテンション上がる気持ちは良〜くわかるけれども、あんまり走り回りすぎちゃうと・・・・リードさんの力を借りることになってしまいますぞ〜。 おすわり&マテ。子犬さんの時には練習する方は多いですが、たまには復習しないと、ワンちゃんだって忘れてしまっているかもしれませんよ。

 

 

(↑ お姉ちゃんワンコみるくさん(初めの写真のワンコです)をずっと追いかけていたために強制捕獲されたモコさん。)

 

 

lb
DogSalon Schwanz | ワンちゃん | CM(0) | TB(0)
rb
lt rt

スポンサーサイト

lb
スポンサードリンク | - | CM(0) | TB(0)
rb
ltrt

この記事に対するコメント

コメントする









lbrb
ltrt
この記事のトラックバックURL
http://schwanz.jugem.jp/trackback/2396
この記事に対するトラックバック
lbrb
ltrt
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
lbrb